再生可能エネルギー政策、実現困難で岐路に

インドネシア政府が推進する再生可能エネルギー政策が岐路に立たされている。国家総合エネルギー計画(RUEN)で定める再生可能エネルギーの電源開発は目標の達成が困難とみられており、産業界からも政府の施策に疑問の声が上がっている。20日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 …

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界有数の海洋生態系を…(10/21)

チップモン、首都の衛星都市開発事業を取得(10/21)

ジョコ大統領が2期目就任 構造改革に決意、きょう組閣発表(10/21)

最賃上昇率に労使反対、首都は「最終調整」(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

日本M&Aセンター、駐在員事務所を開設(10/21)

日本企業と2億ドルの契約、輸出入品見本市(10/21)

西ジャワの投資26件で覚書締結、4千億円(10/21)

不動産サイト新興企業、豪社と2カ国展開へ(10/21)

日本工営、マカッサルとスマート都市で覚書(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン