• 印刷する

日通、アマタナコン新倉庫を来年8月開業

地鎮祭の様子=11月30日、チョンブリ県(日本通運提供)

地鎮祭の様子=11月30日、チョンブリ県(日本通運提供)

日本通運は14日、タイ現地法人の日通ロジスティクスタイランドが同国東部チョンブリ県のアマタナコン工業団地に新倉庫を建設すると発表した。開業は来年8月を予定。政府が進める経済特区(SEZ)「東部経済回廊(EEC)」の開発による新たな物流需要を見込む。

新倉庫の敷地面積は7万2,064平方メートル。鉄骨・鉄筋コンクリート造の平屋(一部2階建て)で、延べ床面積は3万7,450平方メートル。ドックレベラー30基、高床ホーム、両面接車バースなどを備える。

日通ロジスティクスタイランドは現在、バンコク、東部ラヨーン、中部アユタヤなどに計11拠点を構える。日本通運の広報担当者は「EECの開発により、航空産業など新たな分野の物流事業が見込める」と指摘。従来の輸出向け中心の生産物流に加え、内需の拡大やクロスボーダー(越境)取引の活発化による物流需要の拡大も期待できるため、新倉庫の設置で体制強化を図ると説明した。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日系企業に操業停止の動き 車部品需要が減、原料供給も不安(04/10)

宿泊施設の半数以上が休業 国は失業補償、患者療養で活用も(04/10)

ニイヌマ、LEDで街照らす 日越連携で生ごみ処理機も展開(04/10)

1~3月の観光収入、40%減の1.1兆円(04/10)

中国人がコロナ後に訪れたい国、タイは2位(04/10)

新規感染54人、回復者は4割近くに(9日)(04/10)

観光都市パタヤ、感染拡大で21日間封鎖(04/10)

バンコクやチェンマイ、20日まで酒販売禁止(04/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン