• 印刷する

国防省、サイバー攻撃耐性試験にハッカー活用

シンガポール国防省はこのほど、省内のインターネットシステムのサイバー攻撃耐性試験を来年に実施すると発表した。ホワイトハッカー(倫理的なハッカー)を動員し、サイバー攻撃への脆弱性をチェックする。

この試験は1月15日~2月4日に実施する。今年に入って国防省のインターネットシステム「Iネット」がハッキングされ、約850人の職員、軍人の個人情報が漏えいしたことを受けたもので、国内外の約300人のホワイトハッカーに参加を呼び掛ける。

シンガポールの政府機関がホワイトハッカーを活用してサイバー攻撃への耐性を調べるのは初めて。ハッカーには、発見した欠陥の重要度に応じて、150~2万Sドル(約1万2,500~167万円)の報奨金が支払われる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ふと、懐かしいメロディ…(06/27)

勃興する植物工場産業(上) 地場社、来年に大規模施設稼働(06/27)

清掃マッチングで年8万件成約 潔客幇の林文康CEO(06/27)

クリスエナジー、原油生産へ3D調査を開始(06/27)

5月の製造業生産高2.4%低下、マイナス転換(06/27)

駐在員生活費、東南アジア全般で上昇(06/27)

EV普及本格化、東南アは25年以降=報告書(06/27)

IT産業の窓口一本化へ、政府が新組織(06/27)

フィンテック普及率67%、2年前から大幅上昇(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン