【第6位】内需狙う日系企業の投資相次ぐ

ミャンマーの内需を狙う日本企業の進出が相次いだ1年だった。1人当たり国内総生産(GDP)は約1,200米ドル(約13万5,000円)とまだ低いが、人口5,000万人を超える市場の将来性に期待する。 エースコック(大阪府吹田市)は7月、ヤンゴン郊外のティラワ経済特区(SEZ)…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料製造一般


その他記事

すべての文頭を開く

国内初の信用情報機関、シンガ合弁に認可(16:39)

アリババ、パキスタン企業買収で緬に進出(14:10)

ヤンゴン環状高速道、年内入札 建設省が関心表明書募集(05/22)

労働紛争解決法、再改正法案を近く国会提出(05/22)

ヤンゴン管区、ガソリン価格の引き下げ推進(05/22)

シンガのフィンテック、家畜を担保に融資へ(05/22)

英系英会話教室、ミャンマー事業拡大へ(05/22)

農村部の太陽光発電設備、品質重視で選定(05/22)

ラカイン問題は民主化の障害=米国際開発庁(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン