《日系進出》三井住友建が水上発電設備投入 台湾に合弁子会社、現地で委託生産

三井住友建設は6日、台北市中山区に水上太陽光発電設備の製造や販売を手掛ける子会社を台湾企業と合弁で設立し、12月1日付で営業を開始したと発表した。台湾政府は2025年時点での脱原発を実現し、再生可能エネルギーによる発電割合を20%に高める目標を掲げており、市場が拡大す…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自動運転車と聞くと真っ…(05/23)

EC蝦皮、今年夏に倉庫増設 19年末に人員2倍、台湾で首位固め(05/23)

日亜化学、特許侵害でASUS日本を提訴(05/23)

国巨が米通信機器パルスを7.4億ドルで買収(05/23)

広達、グーグル向けARディスプレイ開発か(05/23)

メモリーモジュール宜鼎、宜蘭にR&Dセンター(05/23)

鴻海系の富智康、ノキアブランドHMD株取得(05/23)

配線材料大手の華偉、タイ・ラヨーン県に新工場(05/23)

潤泰精密材料、洋上風力発電向けグラウト材開発(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン