《日系進出》三井住友建が水上発電設備投入 台湾に合弁子会社、現地で委託生産

三井住友建設は6日、台北市中山区に水上太陽光発電設備の製造や販売を手掛ける子会社を台湾企業と合弁で設立し、12月1日付で営業を開始したと発表した。台湾政府は2025年時点での脱原発を実現し、再生可能エネルギーによる発電割合を20%に高める目標を掲げており、市場が拡大す…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ただひたすら何も考えず…(12/12)

大気汚染防止の統一ルール策定 政府、環境保護と電力供給の両立苦慮(12/12)

穩懋半導体、米ブロードコムが出資へ(12/12)

iPhone7の需要拡大、可成など追加受注か(12/12)

ASUS、廃棄物処理の子会社を新設(12/12)

アップル、達運や帆宣とOLED開発か(12/12)

産業用PCの樺漢、11月売上高は前年同月比4倍(12/12)

Apple Watchシリーズ3好調、日月光が恩恵(12/12)

永豊余が洗浄剤新工場、生産能力7倍に(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン