《日系進出》三井住友建が水上発電設備投入 台湾に合弁子会社、現地で委託生産

三井住友建設は6日、台北市中山区に水上太陽光発電設備の製造や販売を手掛ける子会社を台湾企業と合弁で設立し、12月1日付で営業を開始したと発表した。台湾政府は2025年時点での脱原発を実現し、再生可能エネルギーによる発電割合を20%に高める目標を掲げており、市場が拡大す…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

HTC幹部の流出止まらず、張総経理が起業へ(02/17)

桃園空港MRTの乗客数、延べ2,000万人超え(02/16)

伊藤忠が台北101の第2位株主に、投審会認可(02/16)

新興航空カンボジア・エア、下期に台湾就航(02/16)

テイクオフ:杏仁豆腐が無性に食べた…(02/14)

中原大学の産学連携に期待感 企業が認める大学、私大部門2連覇(02/14)

聯発科と晨星の合併案、中国商務部が条件撤廃(02/14)

友達、持続可能な成長に向けた専門部署を新設(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン