テイクオフ:「タイらしい」と、外国…

「タイらしい」と、外国人、タイ人を問わず人気のスワンナプーム空港のチェックインカウンター近くの巨大な鬼の像。「お供え物」として誰かが無断で置いていた赤い色の炭酸飲料20本が空港によって撤去され、話題になった。

赤い飲み物といえば、言わずと知れたタイのお供え物の定番。いつからどのように始まったかタイ人でも答えられない代物だが、「運気が上がる」「元気が出る」と神頼みに欠かせないアイテムとして街中ではどこでも見られる。たださすがに空港内のオブジェに供えるのは、安全上の観点からも、美的にもふさわしくなかった。

神秘的なオブジェなら何でもつい拝んでしまう「タイらしさ」がもたらした騒動だが、スワンナプーム空港は公共の場所。TPOは大事にしたい。(チ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【SET企業の戦略】通信AIS主軸に裾野拡大 インタッチ、金融からゴルフまで(02/16)

ものづくり研究開発講座、日タイ協力で開設(02/16)

【アジア三面記事】ミルクがこぼれるコーヒーショップ(02/16)

1月の会社設立は11%増、建設がけん引(02/16)

1月の工場投資額17%減、件数は増加(02/16)

PTT系GGC、グリセリン第2工場建設へ(02/16)

首都―ポイペト鉄道、4月に一部試験走行(02/16)

SCG、床用ポリマーセメントの新製品発売(02/16)

今年のヘアケア市場140億円、ヘンケル予測(02/16)

飲料タイビバ、17年10~12月は減収減益(02/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン