【第8位】中印関係悪化、一触即発の事態に

6月中旬から約2カ月間、インドと中国の両軍が一触即発の事態に陥った。インドにとって最大の交易相手国である中国との対立は、国内の経済活動にも懸念を残した。 両国の対立は、ブータンとの3カ国の国境が交差するドクラム高地で、中国人民解放軍が道路を建設したことがきっ…

関連国・地域: 中国インド
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「湖の街」の異名を持つ…(02/21)

日本製中古車輸出が53%増 パキスタン、程度や装備で高評価(02/21)

マヒンドラ、EV事業に4年で90億ルピー(02/21)

法改正でFWCに賃上げ支援権限=労働党(02/21)

鴻海、インド工場投資「約束は実行」強調(02/21)

【アジア自動車データ集】二輪販売(305)(02/21)

JSW、EV工場でマハラシュトラ州と覚書(02/21)

タイヤ原料不足、業界団体が輸入拡大要求(02/21)

東レ、南部に紙おむつと車の素材工場(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン