• 印刷する

テイクオフ:NHKの「ダーウィンが…

NHKの「ダーウィンが来た!」で取り上げられ、日本でも少し話題となったシンガポールのカワウソ。地元紙の報道によると、湾岸部のマリーナ・ベイエリアを縄張りとする「ビシャン・ファミリー」に少なくとも6匹の赤ちゃんが生まれ、国内のカワウソ生息数が60匹を上回ったという。

日本では今年初め、38年ぶりに野生のカワウソが観察されたが、日本固有のニホンカワウソは絶滅しており、日常生活の中で愛らしい姿を見ることはできない。しかし当地では、いつからか複数の群れが生息しており、先日はあるファミリーがチャンギ空港の駐機場内に進入して騒ぎとなるなど、何かと話題には事欠かない。

野生のカワウソを観察したいと、以前からよく川沿いや湾岸部を散歩しているのだが、残念ながらまだお目にかかれていない。年内になんとか赤ちゃん連れのカワウソに出会えないだろうか。(薩)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:約2カ月に及ぶ職場・学…(06/04)

8日から渡航制限を一部緩和 まず中国と、経済活動再開へ道筋(06/04)

不動産所有者に追加支援、ローン返済に猶予(06/04)

ハイフラックスに不正疑惑、当局が捜査開始(06/04)

カーシェアのスムーブ破綻、清算手続きへ(06/04)

アンダーソン・毛利・友常、地場同業と提携(06/04)

保険グレートイースタン、1千人と代理人契約(06/04)

公共交通機関、隣同士の着席が可能に(06/04)

デング熱、自宅待機で7年ぶり高水準(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン