• 印刷する

テイクオフ:韓国で23日、日本の大…

韓国で23日、日本の大学入試センター試験に当たる「大学修学能力試験」が行われた。例年と同様、入室時刻に遅れそうな受験生をパトカーや白バイが送り届ける姿がみられた。

高校教師である知人の学校の生徒もパトカーのお世話になったという。試験会場を間違え、気が付いた時には入室時刻8時10分の20分前。待機していた警官に連れられ、車両に乗り込んだのが7時55分だった。パトカーは通常25分~35分かかる距離をサイレンを鳴らし激走。学生が指定会場の校門に入ったのは入室時刻の3分前だった。送り届けた警官は試験会場前にいた人たちから拍手喝采を浴びたという。

警察はこの日のために1万8,000人の人員を投入し、約1,000人の「遅刻生徒」を送迎した。秋の暮れの風物詩。警官の尽力なしには成り立たない。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

AIなど戦略分野に5年で10兆W投資=政府(18:02)

韓国企業と工業地域開発へ ヤンゴン南西部、管区政府が覚書(08/14)

テイクオフ:当地でエレベーターに閉…(08/14)

ハンファ、2兆円強を投資 太陽光や石化など4分野を育成へ(08/14)

景気先行指数、15カ月連続下落=OECD(08/14)

BMW火災の本格捜査に着手、韓国警察(08/14)

【予定】14日 6月鉱工業生産指数確報ほか(08/14)

サムスン電子、中国天津工場の撤収を検討か(08/14)

現代が来年EV投入、下期にコナを発売(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン