• 印刷する

テイクオフ:韓国で23日、日本の大…

韓国で23日、日本の大学入試センター試験に当たる「大学修学能力試験」が行われた。例年と同様、入室時刻に遅れそうな受験生をパトカーや白バイが送り届ける姿がみられた。

高校教師である知人の学校の生徒もパトカーのお世話になったという。試験会場を間違え、気が付いた時には入室時刻8時10分の20分前。待機していた警官に連れられ、車両に乗り込んだのが7時55分だった。パトカーは通常25分~35分かかる距離をサイレンを鳴らし激走。学生が指定会場の校門に入ったのは入室時刻の3分前だった。送り届けた警官は試験会場前にいた人たちから拍手喝采を浴びたという。

警察はこの日のために1万8,000人の人員を投入し、約1,000人の「遅刻生徒」を送迎した。秋の暮れの風物詩。警官の尽力なしには成り立たない。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:南北合同チーム「コリア…(01/21)

燃料電池車を620万台生産 2040年まで、水素経済実現目指す(01/21)

不二越に賠償判決、挺身隊動員でソウル高裁(01/21)

23日に日韓外相会談、徴用工訴訟の対応協議か(01/21)

三菱重工に協議申し入れ、原告の元徴用工(01/21)

18年ICT輸出が過去最高、伸び率は減速(01/21)

SKハイニックス、社内アイデアを事業化へ(01/21)

韓国のICT貿易、中国・ベトナムが好調(01/21)

現代自、EVのワイヤレス充電技術を公開(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン