サムスン、リチウムイオン電池の新技術開発

サムスン電子は27日、既存のリチウムイオン2次電池と比べて充電速度が5倍速くなる技術を開発したと発表した。電池の容量も45%増える。強度と電導度の高いグラフェン(シート状炭素分子)を素材として活用した。

同社は、シリカ(SiO2)と組み合わせることで、グラフェンがまるでポップコーンのように3D形態で大量合成されるメカニズムを究明したという。

3D形態のグラフェンをリチウムイオン電池の正極の保護膜や負極の素材として活用すると、充電時間の短縮と充電容量の拡大などの効果がみられたもよう。

技術の詳細は、傘下のサムスン総合技術院が学術誌Nature Communicationsの論文で公開している。

サムスン電子はリチウムイオン電池の充電速度を5倍早めた(同社提供)

サムスン電子はリチウムイオン電池の充電速度を5倍早めた(同社提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計IT・通信製造一般

その他記事

すべての文頭を開く

クボタ、ヤンゴン2工区の上水整備受注(12:20)

接待規制法を一部改正、贈り物や慶弔費など(12:24)

テイクオフ:今の韓国は若者にとって…(12/12)

【アジアで会う】金承福さん 出版社「クオン」経営者 第181回 本でつなぐ日韓文化(日本)(12/12)

現代自にウォン高の逆風 日系が価格競争力で優位に(12/12)

高額の税金滞納者、2万人超のリスト公開(12/12)

産業銀、中国工商銀と通貨スワップ締結へ(12/12)

M&M、韓国・双竜自の電動化検討(12/12)

板橋第2テクノ団地、支援企業を拡大(12/12)

【アジア取材ノート】「韓国の秋葉原」、50年ぶりリニューアル(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン