サムスン、リチウムイオン電池の新技術開発

サムスン電子は27日、既存のリチウムイオン2次電池と比べて充電速度が5倍速くなる技術を開発したと発表した。電池の容量も45%増える。強度と電導度の高いグラフェン(シート状炭素分子)を素材として活用した。

同社は、シリカ(SiO2)と組み合わせることで、グラフェンがまるでポップコーンのように3D形態で大量合成されるメカニズムを究明したという。

3D形態のグラフェンをリチウムイオン電池の正極の保護膜や負極の素材として活用すると、充電時間の短縮と充電容量の拡大などの効果がみられたもよう。

技術の詳細は、傘下のサムスン総合技術院が学術誌Nature Communicationsの論文で公開している。

サムスン電子はリチウムイオン電池の充電速度を5倍早めた(同社提供)

サムスン電子はリチウムイオン電池の充電速度を5倍早めた(同社提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計IT・通信製造一般

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中華圏にいた約四半世紀…(02/16)

首相、韓国と北朝鮮の五輪外交評価(02/16)

昨年のラオス新車販売3.2万台 2年連続減、今年は増加予測(02/15)

ラオス観光年、ホテル宿泊増に期待(02/15)

サムスン電子、体験型店舗をパラゴンで開業(02/15)

テイクオフ:平昌冬季五輪の開会式が…(02/14)

韓国GMが群山工場閉鎖 赤字脱却への一歩、政府と労組反発(02/14)

韓国ガス公社、LNG価格巡り仲裁申し立て(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン