• 印刷する

サムスン、リチウムイオン電池の新技術開発

サムスン電子は27日、既存のリチウムイオン2次電池と比べて充電速度が5倍速くなる技術を開発したと発表した。電池の容量も45%増える。強度と電導度の高いグラフェン(シート状炭素分子)を素材として活用した。

同社は、シリカ(SiO2)と組み合わせることで、グラフェンがまるでポップコーンのように3D形態で大量合成されるメカニズムを究明したという。

3D形態のグラフェンをリチウムイオン電池の正極の保護膜や負極の素材として活用すると、充電時間の短縮と充電容量の拡大などの効果がみられたもよう。

技術の詳細は、傘下のサムスン総合技術院が学術誌Nature Communicationsの論文で公開している。

サムスン電子はリチウムイオン電池の充電速度を5倍早めた(同社提供)

サムスン電子はリチウムイオン電池の充電速度を5倍早めた(同社提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

米法律事務所が韓国撤退か、業績悪化で(15:36)

S−Oil、石油化学事業に5兆W投資(15:38)

ロッテ、東南アに最適なコンクリートを開発(15:38)

在韓米軍司令官、「監視所撤収は緊張緩和」(16:02)

テイクオフ:昨年の大統領選挙期間中…(08/22)

雇用伸び悩み、文政権の死角 所得主導の成長に行き詰まり感(08/22)

7月の生産者物価指数、2.9%上昇(08/22)

7月輸出額6.2%増、石油製品などけん引(08/22)

日、韓、タイの小売事業者が市場参入に意欲(08/22)

中小企就職の高卒に30万円、政府が支給(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン