ベビー用品のコンビ、1~9月で5%増収

ベビー用品を手掛けるコンビ(東京都台東区)の松浦弘昌会長はこのほど、訪問先の台湾で現地事業について説明し、「少子化でも、高品質のブランド力で事業はプラス成長を遂げている。今年1~9月の売上高は前年同期比5%増えた」と明らかにした。今年9月には台北市に旗艦店「コンビハウス育児生活体験館・台北館」を正式オープンしており、今後も台湾での事業に注力していく構えだ。

コンビの設立60周年を祝う社内イベントに出席するため訪台した松浦会長が、台湾メディアの取材に応じて答えた。

松浦会長は、「台湾も日本と同じく少子化の影響で市場は縮小しているが、商機はある」と強調。0~3歳の乳幼児が使用するベビーチェアやチャイルドシート、ベビーカーには安全性の高さが求められ、コンビはその点で優位性があるという。台湾でよく売れる商品については、チャイルドシート、ベビーカー、スウィングベッド&チェアを挙げた。

コンビの台湾進出は2001年で、現時点で台湾に300カ所を超える販売代理店を持つほか、台北と台中の2カ所の直営店を経営している。

9月にオープンしたコンビの台北旗艦店(同社提供)

9月にオープンしたコンビの台北旗艦店(同社提供)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 製造一般商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:やおら「島嶼天光(この…(02/26)

オキコム、映像処理でアジアへ 台北影業と提携、中国進出も視野(02/26)

PCB精成科技、同業エルナーの子会社買収(02/26)

AOIの由田、同業の晶彩科技を公開買い付け(02/26)

「iPadプロ」貼り合わせ、業成が7割受注か(02/26)

HTC、北米スマホ事業で100人リストラか(02/26)

豊華生物科技、プロバイオティクスの生産増強(02/26)

新薬浩鼎の張董事長、「会社売却排除せず」(02/26)

自動車部品和大、今年の連結売上高100億元超へ(02/26)

向こう3年はPC市場2桁増、エイサー予測(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン