• 印刷する

日系2社に千人超の正社員化命令、労働省

フィリピンの労働雇用省はこのほど、ラグナ州で操業する日系製造2社が、合わせて1,000人以上の人材派遣を受けていたとして、正社員化するよう命じたと明らかにした。フィリピンの労働法は「労働だけの請負」契約を禁じており、同省南タガログA(カラバルソン)支部が、法令順守命令を発布した。

同省の声明によると、医療機器を製造する日系企業と、請負業者3社に対して計1,048人、シートなど自動車部品を製造する日系企業と業者14社に対して計284人の正社員化をそれぞれ命じた。医療機器の製造工場から業務を請け負っていた業者は資本財を持たず、労働者は工場の機材を使用して業務を行っていたという。

労働雇用省によると、日系2社はそれぞれ数千人規模を工場で雇用している。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:糖尿病で数年前に右足の…(10/23)

業者向け美容品展示会を開催 約150ブランド、市場拡大に期待(10/23)

PEZA、優遇税率「7%」で妥協目指す(10/23)

首都圏の最賃、労組が日額700円上げ要求(10/23)

22日為替:$1=53.790ペソ(↓)(10/23)

グーグルが比に初の支援センター開設へ(10/23)

米ITコンサル、マニラ2カ所目の拠点開設(10/23)

カビテ貨物ターミナル、11月5日本格開業(10/23)

SMプライム、1~9月は17%増益(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン