テイクオフ:香港の街は、今年もクリ…

香港の街は、今年もクリスマスモードに突入した。トラムに施されたラッピング広告が季節を感じさせるが、中でも商業施設の気合いの入れ様は一味違う。

香港島コーズウェーベイにある時代広場(タイムズスクエア)は、スヌーピーをモチーフにしたデコレーションが売り。家族連れが写真撮影のために行列を作っている。尖沙咀の海港城(ハーバーシティー)は入り口にカラフルな飛行船が飾られ、カップルやクルーズ船の観光客が自撮りに熱中していた。回復傾向にあるといわれる香港の小売市場で、かき入れ時の年末を前に、集客に並々ならぬ力が入っていることが分かる。

フォトジェニックな風景を早速撮影し、日本の知人に送ってみた。「南方なのに気が早いな」と返信が来たが、お祭り気分は場所を問わないもの。週末は商業施設を巡って、浮かれてみるのも悪くはない。(亀)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1月の空港統計、貨物取扱量は1割増(20:39)

テイクオフ:オーストラリアと英国に…(02/21)

旧正月の本土客は53万人 2年連続増加、地場小売りも好調(02/21)

今年の香港訪問客6千万人超、HKTB予測(02/21)

オープンライス、飲食店向けサービス強化(02/21)

蘇寧の香港店が販売商品多角化、粉ミルクも(02/21)

新世界副会長、教育事業に注力(02/21)

インフル、5月末まで流行見通し(02/21)

HSBCの17年本決算、税引き前純益2.4倍(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン