EV普及、二輪各社から懐疑的な声

インド政府が電気自動車(EV)の普及に本腰を入れ始める中、国内の二輪車メーカーは懐疑的な姿勢を崩していない。バッテリー価格が下がらないことが普及の足かせになるとみており、主要メーカーは開発を進めているが発売には慎重だ。フィナンシャル・エクスプレス(電子版)が26…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車運輸・倉庫社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

インド企業、カイン州で小型車組み立てへ(12:45)

テイクオフ:インドのサービス産業が…(05/23)

医薬品輸出が20年に200億ドル 後発薬が好調も品質でリスク(05/23)

タタと東電、発電所の最適化モデル開発へ(05/23)

石炭の供給制限、自家発電企業が抗議(05/23)

巨大市場めぐり競争激化、印進出の日韓企業(05/23)

サムスンの工場拡張、携帯生産に年内着手(05/23)

Rジオ、エストニアに子会社設立へ(05/23)

電子機器の輸出促進政策、6月にも最終案(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン