• 印刷する

農業労働力4割未満に、首相が計画承認

ベトナムのグエン・スアン・フック首相がこのほど、農業労働力の比率を40%未満に下げることなどを内容とする「2020年までの農業再編計画」を承認した。23日付ダウトゥ電子版が報じた。

計画では、20年までに農業生産額を年約3%、労働効率を年3.5%のペースで引き上げ、農業労働力の比率を40%未満に下げる一方で、農民の収入を15年の1.8倍以上に引き上げる。

計画には、農業の大規模化、主力産品の付加価値向上、環境負荷の小さい農業、有機農業の発展促進や、低効率の稲作地を商品価値の高い作物の生産や水産養殖に転換することも盛り込まれている。

畜産、水産の生産額は年4.5~5%、収入は年5%以上のペースで拡大させ、水産物の水揚量は700万トンを目指す。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

カフェのカップ再利用普及へ 新興AYA、共有サービスに挑戦(10/22)

ブロックチェーンで越に商機 韓国企業の進出相次ぐ(10/22)

ビンファスト値上げ、割高と嘆く声(10/22)

スバル、ハノイなど3省市にディーラー店(10/22)

日野、ファイナンシャルサービス提供開始(10/22)

タイ航空、東南ア6路線の廃止を検討(10/22)

シンガYCH、北部の物流施設を来年着工(10/22)

国営4社、ラオス―ベトナムの鉄道建設へ(10/22)

グラブキッチン、来年ハノイやダナンでも(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン