• 印刷する

《日系進出》名刺アプリEight、印で展開

名刺管理アプリ「Eight」のインドでの展開を発表したSansanの寺田親弘社長(左から2人目)ら=22日、ニューデリー(同社提供)

名刺管理アプリ「Eight」のインドでの展開を発表したSansanの寺田親弘社長(左から2人目)ら=22日、ニューデリー(同社提供)

名刺管理サービス大手のSansan(東京都渋谷区)は22日、名刺管理アプリ「Eight」のインド展開を正式に開始したと発表した。今年6月に発表したアジア展開の第1弾となる。向こう半年で100万人のユーザー獲得を目指している。

Sansanは、法人向けクラウド名刺管理サービス会社として2007年に創業。Eightは、名刺をデータ化することで、スマートフォンを通じて、登録したユーザー間で情報交換できるのが特長だ。情報発信する「フィード」やチャットのようにコミュニケーションできる「メッセージ」、経歴やスキルを伝える「プロフィール」などの機能がある。11月現在、日本国内を中心に約150万人が利用している。

同社は6月、約42億円の資金調達を実施し、Eightのアジア展開に注力することを発表した。インドは4億人を超える潜在労働力を抱えていることに加え、日常的に名刺交換が行われているため、アジア展開の1カ国目に選んだと説明している。今後はシンガポールやインドネシアでの展開も視野に入れている。

また、Eight専用の名刺スキャナーを設置するため、インド国内での提携先も募集する。ビジネスマンが多く集まるコワーキングスペース(共用オフィス)などへの設置を予定している。


関連国・地域: インド日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本で今年流行っている…(10/22)

スタートアップ投資が回復 コロナ追い風にエドテックけん引(10/22)

通信ジオ、クアルコムと5G事業で提携(10/22)

オリンパス、内視鏡AI診断医師の育成支援(10/22)

独シーメンス、技術開発拠点の設置を計画(10/22)

病院の営業利益、コロナ影響で最大4割減も(10/22)

メルセデス、AMGモデルを現地組立へ(10/22)

AMTの暁星TNS、米ロ向けなど輸出好調(10/22)

車部品マザーサン、ボンバルディアの事業買収(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン