• 印刷する

《日系進出》名刺アプリEight、印で展開

名刺管理アプリ「Eight」のインドでの展開を発表したSansanの寺田親弘社長(左から2人目)ら=22日、ニューデリー(同社提供)

名刺管理アプリ「Eight」のインドでの展開を発表したSansanの寺田親弘社長(左から2人目)ら=22日、ニューデリー(同社提供)

名刺管理サービス大手のSansan(東京都渋谷区)は22日、名刺管理アプリ「Eight」のインド展開を正式に開始したと発表した。今年6月に発表したアジア展開の第1弾となる。向こう半年で100万人のユーザー獲得を目指している。

Sansanは、法人向けクラウド名刺管理サービス会社として2007年に創業。Eightは、名刺をデータ化することで、スマートフォンを通じて、登録したユーザー間で情報交換できるのが特長だ。情報発信する「フィード」やチャットのようにコミュニケーションできる「メッセージ」、経歴やスキルを伝える「プロフィール」などの機能がある。11月現在、日本国内を中心に約150万人が利用している。

同社は6月、約42億円の資金調達を実施し、Eightのアジア展開に注力することを発表した。インドは4億人を超える潜在労働力を抱えていることに加え、日常的に名刺交換が行われているため、アジア展開の1カ国目に選んだと説明している。今後はシンガポールやインドネシアでの展開も視野に入れている。

また、Eight専用の名刺スキャナーを設置するため、インド国内での提携先も募集する。ビジネスマンが多く集まるコワーキングスペース(共用オフィス)などへの設置を予定している。


関連国・地域: インド日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:トランプ米大統領がきょ…(02/24)

【中国車、インドへ】長城汽車、印市場を最優先 SUVとEVで地位確立に自信(02/24)

人口の多い新興国でベンチャー産声=鈴木氏(02/24)

自動車販売店、1月の小売り総数は7.2%減(02/24)

現代自、今年は農村部のサービス拠点を拡充(02/24)

新型肺炎、アショクのBS6移行に影響なし(02/24)

廃車市場、政策導入で60億ドル規模に(02/24)

日産化学、地場と農薬原体の生産で合弁(02/24)

フィリピンAG&P、南部でLNG基地着工(02/24)

潤滑油GPペトロ、10億ルピーで西部に工場(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン