• 印刷する

ゴム輸出量、1~10月は31%増

カンボジア農林水産省傘下のゴム総局によると、2017年1~10月の天然ゴム輸出は前年同期比31%増の13万728トンで、輸出額は2億1,622万米ドル(約243億円)だった。複数の地元紙が伝えた。

国内全体の生産量は13万7,000トンで、95%を輸出した。主な仕向先は中国、ベトナム、シンガポール、マレーシアだった。平均価格は1トン当たり1,655米ドルと、前年同期に比べ48%上昇した。

10月単月で見ると、天然ゴム輸出は1万5,665トンで、前年同月比19%増、前月比2%減だった。

カンボジア全土のゴム栽培面積は43万1,378ヘクタール、収穫可能面積は16万3,595ヘクタールだった。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 農林・水産その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首都河川港のコンテナ取扱量、上期は13%増(07/08)

建設投資認可額、1~6月は13.3%増(07/08)

シアヌークビル、観光業再開の準備呼び掛け(07/08)

首都3カ所に地下駐車場、中国系企業が計画(07/07)

ゴム輸出量、1~5月は17%増の9.7万トン(07/07)

カジノのナガや学校、間もなく再開へ(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン