• 印刷する

郵船ロジ、ビンズオンの新倉庫をオープン

郵船ロジスティクスがオープンした「ビンズオンVSIPロジスティクスセンター」の外観(同社提供)

郵船ロジスティクスがオープンした「ビンズオンVSIPロジスティクスセンター」の外観(同社提供)

郵船ロジスティクスは21日、現地法人の郵船ロジスティクス(ベトナム)が南部ビンズオン省の倉庫をオープンしたと発表した。倉庫の面積は1万2,000平方メートルで、隣接するホーチミン市での需要増を見込む。

同社の「ビンズオンVSIPロジスティクスセンター」は9日に開所式を実施。在庫管理や流通加工、検品などの各種サービスを提供する。ホーチミン市の中心部から18キロメートル、タンソンニャット国際空港から20キロ、カットライ港まで約30キロの立地を生かすことを目指す。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

ベトナムで石炭輸入急増、環境負荷に懸念(01/24)

ガルフの越太陽光発電、ADBが41億円融資(01/24)

屋外広告マスター、ベトナム同業に25%出資(01/24)

ベトナム国営ゴム、農園の拡張を計画(01/23)

デュシタニ、越のケータリング会社を買収へ(01/23)

越で増える新興ヘルステック 「Med247」、医療の改善に一役(01/22)

南北高速道路の東路、土地収用の目標未達(01/22)

空港の民間出資制限、運輸省に他省庁が反発(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン