テイクオフ:出産直後の女性が疲れた…

出産直後の女性が疲れた心と体を整える韓国の産後ケア施設「産後調理院」。1990年代後半頃からサービスが本格化し、今では韓国人の産後女性の2人に1人が利用する。

先日出産した妻も現在、入院中だ。食事は間食を合わせて1日6食。良質な母乳を作るために栄養管理された献立となっている。骨盤管理やエステなど体のケアも毎日受ける。助産師が授乳のコツやおむつの替え方などを教えてくれ、夜間には子どもの面倒をみてくれる。まさに至れり尽くせりだ。自宅に帰れば本格的に育児が始まるため、入院期間中の2週間は「最後の休暇」といわれている。

産後調理院は夫も寝泊りができるところが多い。当方も先週から出退勤は施設からしている。週末にはカロリー計算された3食の食事をとり、課程の1つであるヨガ教室にも参加。肝心の妻よりもコンディションが上向いて困っている。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

住友精化がおむつ材料増産へ 麗水市に80億円、アジア需要対応(16:02)

サムスン、年内に華城で半導体新工場着工か(17:56)

LGU+と華為技術、5Gプロジェクト推進(17:56)

現代自、小型セダン好調で10月販売は33%増(14:28)

ロッテ、地場アイスクリーム大手を買収(14:01)

ロッテケミ、麗水に合成ゴム生産工場を設立(12:31)

サムスンがAI専門組織 音声認識を強化、遅れを挽回へ(11/24)

1カ月の平均世帯所得454万ウォン、統計庁(11/24)

独車9500台をリコール=国土交通省(11/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン