テイクオフ:出産直後の女性が疲れた…

出産直後の女性が疲れた心と体を整える韓国の産後ケア施設「産後調理院」。1990年代後半頃からサービスが本格化し、今では韓国人の産後女性の2人に1人が利用する。

先日出産した妻も現在、入院中だ。食事は間食を合わせて1日6食。良質な母乳を作るために栄養管理された献立となっている。骨盤管理やエステなど体のケアも毎日受ける。助産師が授乳のコツやおむつの替え方などを教えてくれ、夜間には子どもの面倒をみてくれる。まさに至れり尽くせりだ。自宅に帰れば本格的に育児が始まるため、入院期間中の2週間は「最後の休暇」といわれている。

産後調理院は夫も寝泊りができるところが多い。当方も先週から出退勤は施設からしている。週末にはカロリー計算された3食の食事をとり、課程の1つであるヨガ教室にも参加。肝心の妻よりもコンディションが上向いて困っている。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米産などのスチレン、AD措置を正式決定(17:55)

米ロボット開発企業に出資、LG電子(16:19)

現代自がアウディと提携 FCVの開発加速、特許を共有(06/22)

ムーディーズ、サムスン電子格付け引き上げ(06/22)

最低賃金引き上げ、類例ない水準=OECD(06/22)

ベトジェット、韓国大邱―ダナン線就航へ(06/22)

公取委の企業調査・再就職不正、検察が捜査(06/22)

LGイノ、自社半導体をカーシート向け供給(06/22)

錦湖石化、手術用ゴム手袋の原料を増産(06/22)

LS電線、印に電力用超高圧ケーブルを供給(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン