《知財》中小企業の技術流出被害、5年で930億円

過去5年間に社外への技術流出で被害を受けた韓国の中小企業が527社に上ることが分かった。被害額は9,200億ウォン(約930億円)規模となる。資金難で、法務を担当する専門チームが社内にいないなどの理由が考えられる。30日付ソウル経済新聞が伝えた。 韓国国会の産業通商資源中小…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

韓国人男性の遺体発見、バガンのパゴダで(13:59)

対中関税でサムスンに競争力、アップル懸念(12:29)

テイクオフ:8月14日に公開された…(08/19)

素材国産化、環境規制が鍵 厳格ぶり際立つ、日系にも負担(08/19)

家計向け融資が急増、負債デフレの懸念増大(08/19)

プノンペン商銀、上半期決算は28%増益(08/19)

企業銀行がIBKインドネシア銀行を設立へ(08/19)

日本人の観光ビザ免除、10月以降も延長(08/19)

愛国心マーケティング、中小企業各社が実施(08/19)

半導体工場に5G技術適用、サムスン電子(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン