• 印刷する

セブ航空、2500万ドルで比人パイロット養成

フィリピン人パイロット候補生プログラムを開始するセブ・パシフィック航空の旅客機=ニノイ・アキノ国際空港(NAIA、NNA撮影)

フィリピン人パイロット候補生プログラムを開始するセブ・パシフィック航空の旅客機=ニノイ・アキノ国際空港(NAIA、NNA撮影)

フィリピンの格安航空会社(LCC)最大手のセブ・パシフィック航空は、来年からフィリピン人のパイロットを養成するプログラムを開始する。将来の事業拡大によるパイロット不足に備え、2,500万米ドル(約28億5,000万円)を投じて向こう5年間で250人を確保する方針だ。25日付スターなどが伝えた。

来年1月に始める予定の同プログラムでは、フィリピン人の候補生を募り、オーストラリア・アデレードの航空学校で52週間の実習、理論学習を受けさせる。同過程を終えた候補生はフィリピンで4週間かけて、フィリピン民間航空庁(CAAP)のパイロット免許取得に向けた訓練を受ける。

セブ航空は年3回、一度に16人の候補生を航空学校に派遣する予定。候補生の応募資格は大卒、英語に堪能なことなどが含まれる。同社は応募者を適性検査でふるいにかけ、候補生を決める。航空学校などの費用はセブ航空が全額を負担する。候補生は免許取得後に同社に採用され、費用を最長10年間で分割返済する。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

AIで離職防止対策など提案 スタートアップ、日系企業に(02/28)

大統領、カラバルソンに「災害事態」宣言(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

共用通信塔の整備、計画発表が3月に(02/28)

東南アのバイク販売、5%増の1375万台(02/28)

新型コロナで企業合理化、貿産相が懸念(02/28)

配車グラブ、車両登録枠の全活用求める(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(27日正午)(02/28)

中銀、小規模金融機関の自己資本規制強化(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン