• 印刷する

テイクオフ:18歳以下で結婚する女…

18歳以下で結婚する女児がインドでは2,300万人に及ぶという。当地では女性の18歳以下の結婚が認められていない。しかし、貧困や教育の欠如から、その数はなかなか減らず、20%以上の女児が18歳以下で結婚しているそうだ。

最高裁判所はこの膨大な数字に懸念を示し、婚姻関係にあっても性的行為は夫による暴行とみなす判決を下した。議論の余地は残るが、これで救われる女性は多いだろう。南部カルナタカ州では今年4月、18歳以下の女児との結婚を無効とすることを決めた。結婚時に18歳以下であったことが分かれば、さかのぼって適用できるという。

日本では18歳といえば高校卒業の年齢だ。大学へ進学する人もいれば社会に出る道を選ぶ人もいる。結婚という形で、将来の芽を摘まれるのはどんな思いか。一歩先を行く法律に、民意が追いつくことが必要だ。(鶴)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

経済活動は徐々に正常化へ 爆破テロ後のスリランカ(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

現地の邦人社会に衝撃、「誰もが犠牲に」(04/26)

マルチスズキ、昨年度は増収減益(04/26)

トライアンフ、8月に中古車市場に参入(04/26)

ホワイトカラー求人数、1~3月は13%減(04/26)

ヒーロー、西部で太陽光発電に2億ドル投資(04/26)

太陽光を調理に、エネ省が補助金転用を要請(04/26)

タタ電力部門、西部の風力発電所売却(04/26)

セメントのウルトラ、150億ルピーの投資計画(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン