• 印刷する

フィンテックの新銀行ITF、香港に本店

米著名投資家のジム・ロジャーズ氏が出資者に名を連ねる、フィンテック(IT技術を融合した金融サービス)による世界初の銀行「ITF」が香港に本店を設置する。来年の営業開始を目指す。19日付サウスチャイナ・モーニングポストなどが伝えた。

ITFは、オーストラリア上場のテクノロジー企業で最高経営責任者(CEO)を務めていた林暉杰(Lim Hui Jie)氏が開設し、オンラインとモバイルで銀行・金融サービスを提供する。香港のフィンテック企業と協力し、銀行や資産管理、その他金融サービス分野での商品・サービスの開発に取り組みたいとしている。

ITFは東南アジア市場への進出に向け、シンガポール市場にも注力する方針で、香港とシンガポールで免許を申請したという。

林氏は18日、「世界最大の市場である中国に近いため、香港を本店の場所に選んだ」と説明。「われわれは国際的なフィンテック企業になることを目指している。香港は非常に国際的な市場で、われわれの目標達成を助ける規制と市場の条件を備えている。香港金融管理局(HKMA)が打ち出す多くのフィンテック推進策は大変心強い」と述べた。

ロジャーズ氏は、フィンテックは銀行の未来だと指摘し、「従来の銀行支店や現金はいずれなくなる。中国では誰もが携帯電話で支払いを済ませる。世界はこれに追随する」との見方を示した。


関連国・地域: 中国香港シンガポール
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:職場で朝、パソコンを開…(01/24)

新型肺炎、市場はまだ静観 流行長期化すれば経済に打撃(01/24)

香港系高層コンド、首都で第2期開発を始動(01/24)

日系企業の4Q業績悪化進む、見通しは横ばい(01/24)

新型肺炎への対応など紹介、領事館職員(01/24)

香港の中国化進めば追加格下げも、フィッチ(01/24)

仮想銀行、2人に1人が利用意向=VISA(01/24)

反落、新型肺炎拡大に警戒感=香港株式(01/24)

バーバリー、香港店舗の閉鎖計画なし(01/24)

日式食べ放題の大喜屋、上場ヒアリング通過(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン