• 印刷する

糖尿病患者270万人、保健省は対策

ミャンマー保健省によると、20~79歳のミャンマー人約270万人が糖尿病を患っている。予備軍は500万人に上るといい、保健省は対策に乗り出した。イレブン電子版が16日伝えた。

保健省は糖尿病患者の増加を受け、糖尿病治療に力を入れているデンマークの製薬会社ノボノルディスクと覚書を締結し、共同で糖尿病に関する4カ年プログラムを始動。プログラムでは主に糖尿病治療や子どもの教育、特別治療センターの開設、糖尿病に関する全国調査などを実施する。

ミャンマー糖尿病協会のティン・スエ・ラット会長によると、ミャンマーの年間死亡者のうち、がんや糖尿病、心臓病などの非感染症疾患は全体の59%を占める。感染症疾患による死亡は30%、事故死は11%。

統計によると、高血圧症患者は630万人、肥満症患者は530万人。喫煙者は620万人で、1,030万人がベテルと呼ばれるかみたばこの一種を常用している。飲酒しているのは470万人で、うち240万人に度を超した飲酒の習慣があるという。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

輸出収益の35%は送金など可能、中銀声明(08/19)

UABが英誌から優秀賞、人権団体は非難(08/19)

パーム油などの価格操作へ措置表明、国軍(08/19)

ヤンゴンで豪雨、卸売市場が浸水被害(08/19)

食材高騰で屋台値上げ、低所得層に打撃(08/19)

コメ価格急騰、市民生活を直撃(08/19)

トウモロコシ価格、900チャット台に反発(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン