• 印刷する

糖尿病患者270万人、保健省は対策

ミャンマー保健省によると、20~79歳のミャンマー人約270万人が糖尿病を患っている。予備軍は500万人に上るといい、保健省は対策に乗り出した。イレブン電子版が16日伝えた。

保健省は糖尿病患者の増加を受け、糖尿病治療に力を入れているデンマークの製薬会社ノボノルディスクと覚書を締結し、共同で糖尿病に関する4カ年プログラムを始動。プログラムでは主に糖尿病治療や子どもの教育、特別治療センターの開設、糖尿病に関する全国調査などを実施する。

ミャンマー糖尿病協会のティン・スエ・ラット会長によると、ミャンマーの年間死亡者のうち、がんや糖尿病、心臓病などの非感染症疾患は全体の59%を占める。感染症疾患による死亡は30%、事故死は11%。

統計によると、高血圧症患者は630万人、肥満症患者は530万人。喫煙者は620万人で、1,030万人がベテルと呼ばれるかみたばこの一種を常用している。飲酒しているのは470万人で、うち240万人に度を超した飲酒の習慣があるという。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

7月から電気料金引き上げ 5年ぶり見直し、発電投資促す(06/26)

ミャンマー生産性本部、事業を本格化(06/26)

中国国境ムセの輸出額、10~6月は26%減(06/26)

国軍に対する制裁法案、米下院に提出へ(06/26)

到着ビザの入国者、3年で40万人に(06/26)

選管、総選挙候補者の支出上限引き上げ(06/26)

新興ハイドロプラント、スマート農業を推進(06/26)

デング熱多発期、ヤンゴンで駆除活動を促進(06/26)

漁船に監視システム導入、9月の漁期までに(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン