台湾産の上海蟹に発がん性物質、輸入を停止

香港政府食物環境衛生署食品安全センター(CFS)は16日、サンプル検査で、台湾産の上海蟹(中国語:大閘蟹)から基準値を超える発がん性物質のダイオキシンが検出されたと発表した。問題の上海蟹は現時点ではまだ市場に出回っていないという。 CFSの報道担当官によると、こ…

関連国・地域: 香港
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

イオンクレアジア、中間決算は2割減益(18:25)

テイクオフ:「キッチンの仕事を見つ…(09/30)

政府の官有地売却収入が低迷 入札不調続く、財政に影響も(09/30)

コロナ対策「おおむね維持の方向」、林鄭氏(09/30)

コロナ感染対策、ほぼ現行のまま延長=政府(09/30)

健康コード、まずビジネスと親族訪問から(09/30)

新たに4人感染、域内ゼロ=計5079人(09/30)

反落、連休前で薄商い=香港株式(09/30)

アントバンクが正式開業、ネット銀6行目(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン