台湾産の上海蟹に発がん性物質、輸入を停止

香港政府食物環境衛生署食品安全センター(CFS)は16日、サンプル検査で、台湾産の上海蟹(中国語:大閘蟹)から基準値を超える発がん性物質のダイオキシンが検出されたと発表した。問題の上海蟹は現時点ではまだ市場に出回っていないという。 CFSの報道担当官によると、こ…

関連国・地域: 香港
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「こっちはもう、すっか…(02/26)

民間住宅、17年は2万戸着工 00年来の高水準、今年も増加か(02/26)

種類株の上場解禁、4月後半に前倒しへ(02/26)

SFC、17年10~12月期は黒字に転換(02/26)

反発、不動産と銀行銘柄に買い=香港株式(02/26)

支付宝HK、カプセルトイの支払いに対応(02/26)

本土からの香港訪問客、春節に14%増(02/26)

海洋公園、飲食店改装で披露宴需要取り込み(02/26)

マカオの旅行者消費、17年は16.4%増(02/26)

大湾区計画、3月の全人代後に発表か(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン