《知財》日本支援、ラオス模倣品対策 首都と中国国境で真贋判定を指導

日本貿易振興機構(ジェトロ)は先週、ラオスの首都ビエンチャン、北部の中国国境ボーテンで日系企業の模倣品対策として同国初となる真贋判定セミナーを現地の税関職員向けに開催した。ラオスは中国から東南アジア諸国連合(ASEAN)各国へと模倣品が流れる主要ルートの一つと…

関連国・地域: ミャンマーラオス
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

10日は25人、新型コロナ新規感染(05/11)

ファーウェイ、首相府に通信機器を寄贈(05/11)

新型コロナ感染125人、初の死者も(05/10)

国の成長に貢献、インフラ鍵に MUFGの東南アジア戦略(3)(05/10)

ロックダウンの延長、首相が理解求める(05/10)

新型コロナ感染、4日ぶり100人超(05/07)

中国が新型コロナ対策支援、医療物資を寄贈(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン