セブンが生ビール販売断念、反発受け

タイ大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループのCPオールは10日、運営するコンビニエンスストア「セブン―イレブン」での生ビール販売計画を断念すると明らかにした。今月初めに試験販売を開始したが、反対の声が上がっていた。ネーション(電子版)が同日伝えた。

CPオールは、セブン18店舗の店頭でビールディスペンサーによる生ビール販売を開始。これを受け、6日には民間2団体が反対の意思をCPオールに通達した。アルコール飲料の統制当局も法規上の問題がないか検討を進めていた。

当局の担当者は以前、2008年アルコール規制法に接触しないとの見解を示していた。同法第30条第1項では自動販売機における販売を禁止しているが、ビールディスペンサーによる提供は規制対象外。調査の結果、ロゴ表記などを定めた第32条にも準拠していたという。

ファミリーマートと流通大手セントラル・グループのタイ合弁会社、セントラル・ファミリーマートも、同時期に「ファミリーマート」における生ビール販売を開始している。民間団体は、9日に販売停止を求めたという。


関連国・地域: タイ
関連業種: 食品・飲料商業・サービス社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

1~9月の輸出9%増、通年予測を上方修正(10/20)

「メコンIT化へ電力商機」 シーメンス地域社長、受注獲得へ(10/20)

在タイ日系企業、3年で純増877社(10/20)

中国宇通、マイクロバス販売10倍増目指す(10/20)

【アジア三面記事】恋の結末はロマンス詐欺(10/20)

東部自動車ショーが月末開幕、目標20億円(10/20)

廃棄物発電TPI、固形燃料工場を増設(10/20)

産廃処理ゼネラル、合弁でめっき排水事業(10/20)

食品CPF、抗菌剤の使用に自社基準(10/20)

サービスなど5業種の求人増加=ジョブタイ(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン