• 印刷する

テイクオフ:今使っているスマートフ…

今使っているスマートフォンは購入して約1年がたつ。何度か床に落としたことがあるが、機能自体に問題はなかった。

だが先日、足元に落ちたスマホを拾い上げると様子がおかしい。画面に複数の白い縦線が入っている。しばらくすると縦線は消えたが、次第に画面が反応しなくなり、ついにうんともすんともいわなくなった。メーカーの顧客センターに持ち込むと、修理代は約300Sドル(約2万4,800円)かかり、中のデータも消えてしまうという。どうしようかと思案しながらオフィス街を歩いていると、偶然、小さなスマホ修理店を発見。料金は正規メーカーの半額で、修理後もデータは残ると聞き、二つ返事で依頼した。

修理が終わるまで、かつて愛用していたスマホを使っている。このスマホは何度落としてもびくともしなかったが、新しいモデルほど繊細で壊れやすいのだろうか。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

11月の新規車両登録は5%減 乗用車と商用車が2桁のマイナス(12/14)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

ヤマハ発動機、グラブと資本・業務提携(12/14)

聯華電子が生産能力拡張、274億元投資(12/14)

9月の失業率2.1%、6月からわずかに上昇(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

消費者信頼感、過去3年で最高水準に(12/14)

ジャンボ、IONオーチャードに6号店開業(12/14)

ゴーゴープリント、インドネシア企業買収(12/14)

ごみ処理ブループラネット、インド企業買収(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン