テイクオフ:今使っているスマートフ…

今使っているスマートフォンは購入して約1年がたつ。何度か床に落としたことがあるが、機能自体に問題はなかった。

だが先日、足元に落ちたスマホを拾い上げると様子がおかしい。画面に複数の白い縦線が入っている。しばらくすると縦線は消えたが、次第に画面が反応しなくなり、ついにうんともすんともいわなくなった。メーカーの顧客センターに持ち込むと、修理代は約300Sドル(約2万4,800円)かかり、中のデータも消えてしまうという。どうしようかと思案しながらオフィス街を歩いていると、偶然、小さなスマホ修理店を発見。料金は正規メーカーの半額で、修理後もデータは残ると聞き、二つ返事で依頼した。

修理が終わるまで、かつて愛用していたスマホを使っている。このスマホは何度落としてもびくともしなかったが、新しいモデルほど繊細で壊れやすいのだろうか。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールの銀行は消…(11/23)

高機能ガラス関連製品を紹介 ガラステック開幕、日系も(11/23)

11月第2回の車両購入権価格、3項目で下落(11/23)

国内3カ所で自動運転バスの試験、22年から(11/23)

MRT東西線の一部区間不通、来年6月まで(11/23)

デジタル管制塔の実証実験、英NATSと契約(11/23)

UNDP、持続可能な開発にAIロボ活用(11/23)

ミニオンのコラボカフェが登場、1月末まで(11/23)

業務用建築物の水使用、PUBが基準策定へ(11/23)

星カルーセル、台湾に海外初R&Dセンター(11/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン