慰安婦像、鍾路区が公共造形物に指定

【ソウル共同】ソウルの日本大使館前に設置された従軍慰安婦問題を象徴する少女像について、現場を管理するソウル市鍾路区は28日、少女像を「公共造形物」に指定したと発表した。撤去や移転の際には、同区の委員会の審議が必要となる。日本政府が求めている撤去はさらに困難になる…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:留学生でありながら日本…(09/23)

韓国経済、低成長が新常態か 専門家「積極的な財政出動を」(09/23)

韓国自動車部品エスモ、北部に工場を開設(09/23)

19年の成長率2.1%、OECDが下方修正(09/23)

労働時間短縮、中小の4割が「準備不足」(09/23)

浦項と光陽でベンチャーバレー、協議会発足(09/23)

熱延コイル関税、財務省が引き上げを撤回(09/23)

SK会長「韓国企業、地政学的リスク深刻」(09/23)

8月のスマホ販売約1割減、サムスンが1位(09/23)

米政府、韓国を違法漁業国に予備指定(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン