農委会訪米団、米産農産物30億ドル輸入

台湾行政院農業委員会(農委会)の訪米団は現地時間の14日、総額30億米ドル(約3,300億円)に上る米国産農産物を購入する意向書を同国政府と調印した。米国産豚肉の輸入解禁問題が双方の懸案となる中、農委会は巨額の農産品調達により米国の対台湾貿易赤字の緩和につなげたいと…

関連国・地域: 台湾米国
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

資策会、華為製品を内部ネットワーク接続禁止(21:03)

テイクオフ:新内閣が発足し、新たな…(01/16)

日立、台鉄から特急600両受注 1600億円、21年以降の新型車両に(01/16)

工研院、華為製品を内部ネットワーク接続不可に(01/16)

華邦電子、420億元の協調融資契約(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

保護デバイスの興勤、高雄楠梓工場を拡張(01/16)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(350)(01/16)

受動デバイスの禾伸堂、桃園に新工場(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン