農委会訪米団、米産農産物30億ドル輸入

台湾行政院農業委員会(農委会)の訪米団は現地時間の14日、総額30億米ドル(約3,300億円)に上る米国産農産物を購入する意向書を同国政府と調印した。米国産豚肉の輸入解禁問題が双方の懸案となる中、農委会は巨額の農産品調達により米国の対台湾貿易赤字の緩和につなげたいと…

関連国・地域: 台湾米国
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

TTLが南投工場拡張、ウイスキー好調で(12:29)

テイクオフ:台湾人が見たこと、感じ…(11/15)

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(11/15)

三菱日立、火力発電所を改修 環境対策に商機、NOx6割低減(11/15)

TSMC、生産拡大に1034億元の予算(11/15)

HTC、パリでVR使った印象画の展覧会開催(11/15)

広達が42億元で桃園の用地取得、生産拡大へ(11/15)

PCBの臻鼎、3年でAI向けなど生産拡大(11/15)

ASUS執行長、米中摩擦など3要素に懸念(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン