テイクオフ:先月、深センの展示会場…

先月、深センの展示会場でトイレを使った。ところが、便座にはビニールのシートがある。初めて見た代物で、これは破くべきなのか、それとも使ってはいけないというサインなのか。どうしてよいか分からない。

後々、これは使い捨てのシートだと分かった。便座を清潔に保つ目的で、ボタンを押すと、使用済みシートが左側に巻き込まれていき、新しいものが右から出てくる。しかし、シートの長さは利用者が決めるため、いま存在するシートが清潔かは保証できない。長さを自動で決めればいいじゃないかと不満に思う。

とは言え、中国の女性トイレを使った経験がある人なら、どれくらい汚れているか知っているはず。そういう意味では大きな進展だと思うが、環境には優しくない。かと言って、ペーパーで便座を拭くのも環境に良くない。トイレを清潔に保つには市民教育が重要になるだろう。(霆)


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スタバ、利園3期に旗艦店オープン(06/22)

小米株、クアルコムなど7社が5億ドル引受(06/22)

輸出指数が7年ぶり高水準 米中通商問題も楽観視大半(06/22)

大湾区計画の発表、再びずれ込みか(06/22)

5月のCPI上昇率2.1%、0.2P拡大(06/22)

IT5社の談合疑惑、審裁処で聴聞始まる(06/22)

HIBORに先高感、1カ月物は2%も(06/22)

反落、6カ月ぶり低水準に=香港株式(06/22)

奇華餅家が香港工場拡張、生産5割増強へ(06/22)

おにぎりの華御結、2年後に香港200店へ(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン