テイクオフ:先月、深センの展示会場…

先月、深センの展示会場でトイレを使った。ところが、便座にはビニールのシートがある。初めて見た代物で、これは破くべきなのか、それとも使ってはいけないというサインなのか。どうしてよいか分からない。

後々、これは使い捨てのシートだと分かった。便座を清潔に保つ目的で、ボタンを押すと、使用済みシートが左側に巻き込まれていき、新しいものが右から出てくる。しかし、シートの長さは利用者が決めるため、いま存在するシートが清潔かは保証できない。長さを自動で決めればいいじゃないかと不満に思う。

とは言え、中国の女性トイレを使った経験がある人なら、どれくらい汚れているか知っているはず。そういう意味では大きな進展だと思うが、環境には優しくない。かと言って、ペーパーで便座を拭くのも環境に良くない。トイレを清潔に保つには市民教育が重要になるだろう。(霆)


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トイザらス破綻、香港含むアジアは営業継続(18:06)

テイクオフ:会社脇の細い道路沿いに…(09/20)

深汕特別合作区の開発本格化 深センが主導、産業集積か(09/20)

債券通、来月にもDVP決済方式導入か(09/20)

HKMA、仮想通貨のマネロンリスクを警告(09/20)

中銀香港、資産運用の域外顧客5割増(09/20)

反落、不動産・大型銘柄が重しに=香港株式(09/20)

メインボードの資金調達、4年で最低水準に(09/20)

6~8月の失業率、7業種で改善(09/20)

マカオ小売業者、7月は「増収」拡大(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン