テイクオフ:先月、深センの展示会場…

先月、深センの展示会場でトイレを使った。ところが、便座にはビニールのシートがある。初めて見た代物で、これは破くべきなのか、それとも使ってはいけないというサインなのか。どうしてよいか分からない。

後々、これは使い捨てのシートだと分かった。便座を清潔に保つ目的で、ボタンを押すと、使用済みシートが左側に巻き込まれていき、新しいものが右から出てくる。しかし、シートの長さは利用者が決めるため、いま存在するシートが清潔かは保証できない。長さを自動で決めればいいじゃないかと不満に思う。

とは言え、中国の女性トイレを使った経験がある人なら、どれくらい汚れているか知っているはず。そういう意味では大きな進展だと思うが、環境には優しくない。かと言って、ペーパーで便座を拭くのも環境に良くない。トイレを清潔に保つには市民教育が重要になるだろう。(霆)


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

長江実業、来年は住宅3000戸販売へ(11/24)

スマホの普及率85.8%に 児童や高齢者で利用広まる(11/24)

化粧品のササ、9月中間期は15%増益(11/24)

屯門にアジア最大の高齢者施設、20年完成へ(11/24)

アジア物流&海運会議開催、商機と課題議論(11/24)

外食の1957&Coが上場へ、本土進出も視野(11/24)

反落、A株急落で30000下抜け=香港株式(11/24)

香港IPO調達額、首位明け渡しが濃厚(11/24)

旅行大手の専業旅運、4~9月期は赤字転落(11/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン