営利目的初の水素ステーション、仏山で開業

水素燃料電池車のための水素充塡ステーションが7日、営利目的としては中国で初めて、広東省仏山市丹ソウ鎮(ソウ=火へんに土)に開設された。中国経営報が伝えた。 同ステーションは科学技術省と国連開発計画(UNDP)が実施する「中国燃料電池車商業化促進プロジェクト」の一…

関連国・地域: 中国-広東
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

新国立競技場の建設進む 中国が資金援助、20年末に完成(06/18)

中国から履物生産移管の動き アディダス、越の比率5割余りに(06/18)

中国車2社、インド進出を先延ばし(06/18)

中国系Fウィール、電動自転車の販売拠点開所(06/18)

LG化学のEVバッテリー、中国攻略に本腰(06/18)

豪政府、5G事業めぐり中国をけん制(06/18)

【予定】18日 5月貿易統計ほか(06/18)

【訃報】野田正男氏(元ノダ社長)(06/18)

百世物流科技がEECに170億円を投資へ(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン