国産電気自動車、部品の輸入関税を5%に

インドネシア政府は、電気自動車(EV)の普及に向け、EVを生産するメーカーに対し、部品の輸入にかかる税率を現行の50%から5%に引き下げることを検討している。8月31日付ビスニス・インドネシアとコラン・テンポが伝えた。

政府は、2025年までに国内自動車生産台数の2割をEVとする目標を掲げたEV普及に関するロードマップ草案を作成、輸入部品に対する関税減免措置などの優遇策や化石燃料車の生産制限などを盛り込んだ。アイルランガ産業相は、草案に対してウィドド大統領から同意が得られたと述べた。

電気自動車に関する税制は、自動車の奢侈(しゃし)税課税に関する政令『13年第41号』で規定されているが、政府は今後、改正や特別政令の制定を検討していく。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車政治

その他記事

すべての文頭を開く

マタハリ、今年は8店舗開業4店舗を閉鎖(11/24)

ゴジェック、ゴーペイで電気料金支払い可能(11/24)

ブラックベリーの新製品発売、価格は7万円(11/24)

SUVをフルモデルチェンジ トヨタとダイハツ、ニーズ重視(11/24)

【アジア三面記事】俺の王国(11/24)

工業団地ブカシ・ファジャール、新ロゴ披露(11/24)

バタム市最低賃金、来年は352万ルピア(11/24)

東ジャワ州の2018年の最低賃金(11/24)

西ジャワ州の2018年の最低賃金(11/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン