• 印刷する

競争委、JTのマイティー買収など承認

フィリピン競争委員会(PCC)は29日、日本たばこ産業(JT)が同国のたばこ大手マイティー・コーポレーションの資産を買収することを承認したと発表した。三井不動産と地場不動産会社が、マニラ首都圏で高層コンドミニアムを開発するために合弁会社を設立することも承認した。地元紙インクワイラーなどが伝えた。

PCCは、JTによるマイティーの資産買収には公正競争法の条項に違反する取引はなく、市場に反競争的な影響を与えないため承認を決めたと説明。JTが買収後も、市場で他社との厳しい競争にさらされることを付け加えた。

JTは22日、同国2位のたばこメーカー、マイティーの事業資産を468億ペソ(約1,006億円)で買収すると発表していた。具体的には流通販売網、機械・装置、完成品・半製品・原材料の在庫を280億ペソ、「マイティー」や「マーベルス」などのブランドを188億ペソで取得する。

PCCはまた、三井不動産とロペス財閥系不動産会社ロックウェル・ランドが、合弁会社ロックウェルMFAを設立することも承認した。出資比率は三井不動産のシンガポール子会社、三井不動産アジア(MFA)が20%、ロックウェルが80%。

三井不動産は先月半ば、ロックウェル・ランドと合弁会社を設立し、総事業費86億ペソで首都圏ケソン市で高層コンドミニアムを開発すると発表していた。同社にとってフィリピンで初の不動産開発事業となる。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: その他製造金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ティーライブ、ミャンマーで年内に5店開業(08/23)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

日比LNG計画で延長申請 調整に時間、23年稼働は維持(08/23)

フィリンベスト、日立系と水処理で合弁(08/23)

独メルセデス、現地工場から比へ輸出開始(08/23)

半導体ローム、車載液晶向け新IC生産(08/23)

人事労務関連法に対応急務、アイキューブ(08/23)

米社の浮体式LNG設備建設、エネ省認可(08/23)

貿産省、輸入セメントの緊急関税額見直し(08/23)

中国企業受注のカリワダム、計画見直しへ(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン