• 印刷する

《知財》ニューバランス、商標訴訟で勝訴

米国のスポーツシューズメーカーであるニューバランスが、中国で企業などを相手取り起こしていた商標侵害の訴訟で、江蘇省蘇州市中級人民法院は22日、被告側に約1,000万元(約1億6,400万円)の支払いを命じる判決を下した。24日付第一財経日報などが伝えた。

外資企業による商標権侵害訴訟としては、過去最高の賠償額という。

ニューバランスは2016年8月、中国の法律事務所に委託して、深セン市新平衡運動体育用品や晋江市青陽新鈕百倫靴廠、個人など5者を相手取り自社商標の侵害を蘇州市中級人民法院に提訴した。

訴えによると、被告はニューバランスがシューズに着ける「N」のロゴを無断で使用していた。被告の個人は米国で14年に「USA New Bai Lun Sporting Goods Group」という企業を設立し、深セン市新平衡運動体育用品に委託する形で、中国の工場でニューバランスの商標を侵害した製品を生産していた。

蘇州市中級人民法院は訴えに対し、ニューバランスの市場シェアを奪い、信用に損害を与えたとして、被告に賠償金と訴訟費用の支払いを命じた。原告、被告双方ともに上告することが可能だ。

ニューバランスは今回の訴訟では勝訴したものの、中国では長年にわたり商標を巡るトラブルに見舞われている。

同社は1990年代に中国に進出した。当時は地場の代理企業を通じたビジネスを展開していたが、代理企業が低品質の粗悪品を乱造するようになり、ニューバランスは代理契約を打ち切って中国から撤退。その後03年に中国に再進出を果たしている。

ニューバランスの商標に関する訴訟では、昨年6月には広東省の民間靴メーカーが、ニューバランスが中国語読みとしている「新百倫」を既に商標登録しているとし、商標侵害で訴えた。この訴訟ではニューバランスが敗訴し、罰金500万元の支払いと「新百倫」商標の使用停止を命じられている。


関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: 繊維その他製造マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:テレビドラマに飽きてミ…(12/11)

11月のEV登録が過去最高 単月で前年実績超え、MGけん引(12/11)

11月の物価上昇率4%突破 豚肉高騰、市場予測を上回る(12/11)

11月の新車販売3.6%減、17カ月連続で縮小(12/11)

米長官、制裁見送りに言及(12/11)

韓国製EV電池、中国で補助金対象に(12/11)

社会科学院、米中合意の早期成立を訴え(12/11)

半導体の環宇、晶電の中国孫会社に出資(12/11)

民営企業の困難、「リーマン時より軽微」(12/11)

中国が外国PCを置き換えか、仁宝に恩恵も(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン