クリード、物件販売が好調 複数開発で「多様化」に対応

不動産開発を手掛けるクリードグループ(東京都新宿区)は、カンボジアの首都プノンペン郊外で開発中の3物件の販売が好調だ。2物件は9割以上を完売したほか、残る1物件も20日に売り出し、初日に100戸分が売れた。急速な経済発展で台頭する中間所得層や準富裕層の多様化するライ…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

クラスター拡大、封鎖前の準備必要(02/25)

所得税の確定申告、来月から電子化へ(02/25)

シアヌークビルで住宅開発、1億米ドル規模(02/25)

日本和装、地域統括拠点を設立(02/25)

首相「これまでで最悪」、クラスター発生で(02/24)

米ウィンダム進出、シアヌークビルにホテル(02/24)

対中輸出、20年は8%増の11億米ドル(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン