民主化へ「最善の道を」スー・チー氏呼掛け

【ヤンゴン共同】ミャンマーの民主化について議論するフォーラムが11日、首都ネピドーで開かれた。アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は冒頭の演説で、道半ばの民主化について「政府だけでなく、国民も民主主義実現への責任を負っている」と指摘。「過去に縛られず、最善の道…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

日本送り出し、現地人主導で 高まる海外就労意欲と日本(3)(08/12)

キリン、ミャンマー事業利益46億円を計上(08/12)

投資副大臣を選管委員に、後任はマウン氏(08/12)

シンガポール系が兵器調達仲介、人権団体(08/12)

経済強化に軸足、政治正常化を=総司令官(08/12)

情報省、メディアリテラシー研修を実施(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン