日本で就職した台湾人の数、5年で3倍に

雑誌「財訊」はこのほど、過去5年間に日本で就職した台湾人の数は3倍に急増したと伝えた。海外人材の求人拡大は、日本企業の深刻な人手不足や海外進出のための準備が背景にあるとみられるが、中でも台湾人は多言語を扱う能力が優れていることや生活における価値観が日本人に近いとの理由で、人気が高いという。

東森新聞網によると、2016年に日本で就業した海外人材は108万人で、前年比3倍以上に増えた。こうした背景について財訊は、日本のラーメン店市場の現状を例に挙げて紹介。人気店も含め、年間で3万店近くが業績不振ではなく人手不足を主な理由に閉業しているといい、多くの企業が給与を引き上げて海外からも人材を募っている。

また人材紹介や採用コンサルティングなどを手掛ける保聖那管理顧問(パソナ台湾)の郭徳儀・副総経理は「日本企業は現在、グローバル化に力を入れており、海外の現地の市況を理解するために海外人材の協力を必要としている。特に華人は中国語圏からの訪日客に対応するための要員として、コンビニエンスストアや不動産の分野で雇用が進んでいる」と分析。台湾人は、中国語に加えて英語や日本語の能力に長けた人材が多いことなどから日本企業の採用意欲が高いといい、郭副総経理は「金融など各種サービス業からハイテク業などあらゆる業種向けに、台湾人の需要は少なく見積もっても毎年10%前後拡大している」と指摘している。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 社会・事件雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「2047年まで30年…(07/18)

テイクオフ:環境汚染の原因の一つと…(07/18)

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

今年の生産額2200億元規模に PC関連製品、サーバーなど好調(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

中国製ウエハーの輸入解禁、国貿部が保留(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

業成、サムスンから超音波指紋認証パネル受注か(07/18)

台プラのベトナム製鉄所、19年にフル稼働へ(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン