• 印刷する

モバイク、札幌でサービス開始=22日から

中国の自転車シェアリングサービス大手、北京摩拝科技(モバイク)の日本法人であるモバイク・ジャパン(福岡市)は11日、札幌市で22日からサービスを開始すると発表した。モバイク・ジャパンは6月の設立以降、福岡と札幌の2市での事業化に向けた協議を両市と進めてきたが、このほど、札幌市でのサービス開始が正式決定した。

中国では「乗り捨て」が可能だが、日本では放置自転車の増加といった問題から乗り捨てを前提としたサービスを提供することができない。このため札幌では地元企業の駐車場などにモバイク専用の駐輪スペースを設置して、利用と返却の拠点とする。22日までに駐車スペースを設置するほか日本語版のスマートフォンアプリをリリースし、市民の利用を可能とする。自転車投入台数と料金形態は明らかにしていない。

ドラッグストアチェーンを展開するサッポロドラッグストアー、コンビニチェーンの「セイコーマート」を展開するセコマ、菓子「白い恋人」を製造する石屋製菓、ビル・不動産管理の藤井ビルといった札幌市を本拠とする民間企業が駐輪スペースの設置に協力する。また、行政のサポートを得て公有地での駐輪スペースの設置も進めるとしている。

モバイク・ジャパンは札幌でのサービス開始を記念し、22日に同市内でモバイクの利用体験会、シェアリング・エコノミーに関するフォーラムといったイベントを開催する予定だ。

モバイクは中国、シンガポール、英国、イタリアの150都市以上で自転車600万台以上を投入して事業を展開している。ユーザー数は1億人以上、1日当たりの利用回数は約2,500万回に上る。


関連国・地域: 中国-北京日本
関連業種: 運輸IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

サムスン、折り畳みスマホ発表 大手では初、4月に発売へ(02/22)

大湾区綱要のシンポ開催 構想の可能性や取り組みを説明(02/22)

「じゃぶじゃぶの金融緩和」否定、李首相(02/22)

東莞の固定資産投資、5年で1兆元規模へ(02/22)

所得拡大に目標値、約20省区市が設定(02/22)

米中、決着へ6覚書作成(02/22)

中国企業の海外投資、1月は92億ドル(02/22)

規制サンドボックス、年内に100件以上選定(02/22)

ララムーブ、シリーズDで3億ドル資金調達(02/22)

銀行各行、大湾区地域で新事業模索(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン