テイクオフ:シンガポールでは通常、…

シンガポールでは通常、コンサートは夜の7時半に始まる。これは国によってまちまちで、日本では7時が普通。ドイツなど欧州大陸では一般に8時スタートだ。

ドイツでは仕事からいったん家に帰り、身なりを整えてから出掛ける人が少なくない。そのため、遅めの時間に設定しているのだろう。一方、東京などでは会場から自宅に帰るのに時間がかかるケースが多いことから、終わりがあまり遅くならないように配慮しているのかもしれない。

シンガポールはちょうど、この中間の設定だ。これは旧宗主国の英国と同じ。当地には、例えばcenterがcentreと、英単語のつづりが日本の学校教育で教わる米国式ではなく英国式となるなど、旧植民地時代をしのばせる風習がそこかしこにある。コンサートの開始時間も、現在のシンガポールの基礎を築いたラッフルズ卿の遺産の一つだろうか。(墺)


関連国・地域: シンガポール欧州
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

サントリーの現地子会社、豪などの3社を売却(10/20)

車両購入権価格、3項目で値上がり(10/20)

【外国企業の日本戦略】「ラスト1マイル」の御用聞き 【第8回】シンガポール新興企業(10/20)

モバイル決済アプリ「NETSペイ」が登場(10/20)

【アジア三面記事】恋の結末はロマンス詐欺(10/20)

サントリー食品、豪NZ事業売却(10/20)

SGXとナスダックが提携、二重上場可能に(10/20)

損保チャブ、旅行者向けアプリの提供開始(10/20)

フィンテックの新銀行ITF、香港に本店(10/20)

産廃処理ゼネラル、合弁でめっき排水事業(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン