• 印刷する

輸入許認可発行手続きの簡素化促進で合意

インドネシアのスリ・ムルヤニ財務相は1日、関係省庁や企業関係者らとの会合で、輸入許認可発行手続きの簡素化を進めることを確認したと述べた。同日付テンポ(電子版)が伝えた。

会合では、輸入制限の対象となり、許認可証発給に時間がかかる「制限品目」の削減などを協議。スリ財務相は「同一品目に対して複数存在する規制を統一するほか、申請窓口となる部署を1カ所に集約するなどして手続きの簡素化を進める」と述べた。

会合には、政府からはダルミン調整相(経済)、エンガルティアスト貿易相、アイルランガ産業相などが出席。出席者らは、国際貿易手続きの簡素化と国境監視の実施に関する共同声明を出した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:社内で風邪がはやってい…(01/21)

テイクオフ:空の玄関口として拡張が…(01/21)

【識者の見方】新車販売頼みからの脱却が鍵 東南アジア、移動手段多様化で(01/21)

下げ止まらない訪問外国人数 ジャカルタ、新しい観光戦略急務(01/21)

1~11月外国人訪問者数、リアウ諸島が2位(01/21)

起亜がSUVを投入、目標販売台数は4桁(01/21)

NEDOの3案件、JCMのクレジット発行(01/21)

マイクロソフト、データ施設に10億ドルか(01/21)

過積載トラック禁止、鉄鋼など5品目は延期(01/21)

首都とジャワ島西端、鉄道で2時間に(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン