• 印刷する

《知財》知財局の模造品押収、上期は14億ペソ

フィリピン知的財産局(IPフィリピン)は、今年上半期(1~6月)に政府が押収した模造品が金額にして14億ペソ(約30億7,000万円)相当だったと明らかにした。前年1~7月の28億ペソから大幅に減少した。押収額が最多だった品目は光ディスク・光学ドライブの5億3,700万ペソで、全体の38%を占めた。24日付ビジネスミラーが伝えた。

品目別の押収額は、靴が4億1,400万ペソ、かばんが2億8,200万ペソ、衣料品・アクセサリーが1億2,600万ペソだった。

2016年は腕時計、宝飾品、たばこの摘発が多く、通年の押収額は69億ペソに上った。IPフィリピンのゲプティ副局長は、「国家知的財産権委員会(NCIPR)、国家警察(PNP)、光メディア委員会(OMB)など関連機関の努力で、腕時計をはじめとする高級品の模造品が減った」と、今年上半期の押収額が大幅に減少した経緯を説明した。ただ、押収する品目など複数の要素によって、「金額は年ごとに変動する」と付け加えた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに7379人感染(19:39)

テイクオフ:夜間外出禁止が解ける午…(04/20)

設備投資、積極姿勢に転換へ 大手財閥、変異ウイルスで懸念も(04/20)

新型コロナ、新たに9628人感染(04/20)

比など3カ国からの旅客便、着陸を拒否(04/20)

鉱山36カ所が事業開始へ、凍結解除受け(04/20)

アストラ製ワクチン、60歳未満の接種再開(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン