台電、台中港沖合にオフショア風力発電計画

台湾電力(台電)は21日、台湾の主要港湾業務を統括する公営企業の台湾港務とオフショア風力発電を共同で行う内容の協力文書に調印した。中部の台中港の沖合海上で風力発電を行う計画で、まず風力発電機22基の組み立てに取り掛かり、2019年に最初の発電機が完成する見通し。投資…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

復活「旧山線」を通勤路線に 34億元投資、21年にも運行へ(12/15)

鴻海のIoT子会社、18年に上海A株上場へ(12/15)

ビナコミン、台湾企業と電気トラック生産へ(12/15)

シャープ、東証1部復帰で社員に3万円支給(12/15)

半導体製造設備の帆宣、受注旺盛で工場拡張へ(12/15)

群創、3Dインセルタッチ技術を開発(12/15)

電子部品の信邦、苗栗の新工場が年末完工(12/15)

中華電信と宏偉、スマートエレベーターで協力(12/15)

受動デバイス各社、需要増背景に生産能力拡大(12/15)

瑞儀、アップル向け出荷好調で4Q業績に期待(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン