台電、台中港沖合にオフショア風力発電計画

台湾電力(台電)は21日、台湾の主要港湾業務を統括する公営企業の台湾港務とオフショア風力発電を共同で行う内容の協力文書に調印した。中部の台中港の沖合海上で風力発電を行う計画で、まず風力発電機22基の組み立てに取り掛かり、2019年に最初の発電機が完成する見通し。投資…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海傘下の鴻騰、マスク生産認可取得(17:37)

新型コロナの感染者、298人に(16:39)

政府が消費クーポン券発行へ 4月末にも、内需刺激に期待(03/27)

緯創が世界分散生産へ、10億米ドル投資(03/27)

華晶科技と訊連科技、AI監視領域で提携(03/27)

オンライン学習の麦奇が好調、新型コロナで(03/27)

中鋼、高付加価値化とグリーンエネを主軸に(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン