台電、台中港沖合にオフショア風力発電計画

台湾電力(台電)は21日、台湾の主要港湾業務を統括する公営企業の台湾港務とオフショア風力発電を共同で行う内容の協力文書に調印した。中部の台中港の沖合海上で風力発電を行う計画で、まず風力発電機22基の組み立てに取り掛かり、2019年に最初の発電機が完成する見通し。投資…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾大学の卒業生は正直…(01/26)

卸・小売業売上高が過去最高 20年、新型コロナを逆手に成長(01/26)

【日本の税務】健康保険の療養費申請について(01/26)

鴻海が在宅勤務導入、桃園の院内感染で(01/26)

半導体に再び値上げの波、最大15%も(01/26)

強茂が凡甲にTOB、最大20%株取得(01/26)

中華電信と広達、5Gスマート医療で提携(01/26)

業成が台湾生産拡大、設備投資に19億元(01/26)

今年の新車販売42万台か、車載半導体不足で(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン