• 印刷する

富士康で劣悪条件インターン、学校が謝罪

遼寧省瀋陽市にある瀋陽城市建設学院が、富士康科技集団の山東省煙台市の製造現場で劣悪な環境下で学生にインターンシップをさせていたとして、謝罪する事態となった。新華社電などが伝えた。

瀋陽城市建設学院は今月15日から、2~3年生約700人を3カ月の予定で、富士康が煙台市に展開している産業団地「富士康(煙台)科技工業園区」にインターンとして集団派遣した。同校担当者によると、昨年までは学生が独自にインターンシップ先を探していたが、予想通りの効果が上がらなかったため、今年から集団派遣を開始した。強制ではないものの、参加学生には単位を与える予定だったという。

ただ参加した学生からは、宿舎や食事の環境、管理体制が劣悪なこと、賃金が安いこと、学校での学習内容との関連性が低いことのほか、参加は強制だったといった不満が噴出した。これが会員制交流サイト(SNS)などで広まり、事態を重く見た遼寧省教育庁は20日夜、瀋陽城市建設学院に対しインターンシップの中止を要請した。

瀋陽城市建設学院は21日、世間を騒がせたとして学生やその家族、また社会に対し謝罪した。また遼寧省教育庁は各学校に対し、休み期間中に学生を集団で実習活動に当たらせることを禁止すると通達。学生にはボランティアに積極的に参加することを勧めるとしている。

富士康集団はEMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手、鴻海精密工業系の企業。


関連国・地域: 中国-遼寧
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東シナ海と太平洋に挟ま…(06/21)

リコール3年連続1千万台超 制度開始から15年、定着進む(06/21)

米中首脳会談前に閣僚級協議、商務省認める(06/21)

中揚光電、7.7億元投じ台中の生産ライン拡張(06/21)

上海企業、米中摩擦で自転車生産を移管(06/21)

行政費用を引き下げ、電波や商標など(06/21)

華為技術、香港との海底ケーブル敷設を計画(06/21)

排出権の取引、累計で二酸化炭素3.1億トン分(06/21)

科学技術分野の人材育成、中国に支援要請(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン