• 印刷する

ジプニー5万台の電動化、地場合弁が提案

フィリピン政府が推進するジプニー(フィリピン式乗り合いバス)の電動化事業について、フィリピンとスペインの実業家が運営するQEVフィリピンは、既存の約5万台を電動ジプニー(eジプニー)に置き換える計画を政府に提案した。

19日付マラヤなどによると、QEVは地場のジプニー製造業者と提携し、ディーゼル・エンジンを搭載する既存のジプニー約5万台を電動化する計画。同社は新たにeジプニーを購入するよりも改造する方が経済的と指摘した上で、運営コストなども抑えることが可能になる、とメリットを強調した。

QEVはフィリピンとスペインの実業家が設立した合弁企業。海運大手企業の社長を務めたエンディカ・アボイティス氏などが出資している。

フィリピン政府は、環境保護などのため、公共交通での電気自動車(EV)導入が必要と判断。ジプニーやバスなどの電動化を推進している。先月末にはマニラ首都圏パサイ市で「第1回・東南アジア諸国連合(ASEAN)EV・ハイブリッド車サミット」が開催され、ASEAN電気自動車・ハイブリッド車産業連盟(AFEHVI)の発足調印式が挙行された。

ロドルフォ貿易産業次官によると、同サミットに参加した韓国企業は、フィリピンでのEV組み立てや部品の製造事業に関心を示したという。


関連国・地域: フィリピン欧州
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

電力設備ペステック、比で変電所工事を受注(17:24)

テイクオフ:自宅前で流れてくる歌声…(12/16)

双日車販社に地場財閥出資 ユチェンコ、吉利ブランド浸透へ(12/16)

英業達がマレーシアに新工場、20年2Q出荷(12/16)

大統領、違憲の予算項目に拒否権発動も(12/16)

21年度予算は過去最高に、4.6兆ペソ規模(12/16)

三国東洋の日立ターミナル買収、競争委が承認(12/16)

マカティ地下鉄、モノレールと接続へ(12/16)

民放ABS―CBN、米で著作権侵害訴訟(12/16)

電子製品の輸出、20年も低成長に(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン