• 印刷する

サムスンSDS、越物流大手と合弁会社へ

韓国のシステム開発大手サムスンSDSが14日、ベトナムの物流大手ミンフン(MP)ロジスティクスと前日に合弁会社の設立契約を交わしたと発表した。強みのIT、物流コンサルティング力を生かし、ベトナムで消費財や繊維まで物流事業を広げたい考えだ。

ベトナムは世界的な企業の生産拠点として成長し、物流市場も年15~20%の高成長を遂げている。地場企業が貨物輸送の65%を握っており、ベトナム進出にはこれら企業との協力が欠かせない。

サムスンSDSはモノのインターネット(IoT)プラットフォームを活用した冷凍・冷蔵コンテナ、トラック、倉庫などの管理に携わっている。一方、内陸輸送大手のMPロジスティクスは低温倉庫を拡大する予定で、サムスンSDSは新設の合弁会社を通じ生鮮食品流通での相乗効果を期待する。

サムスンSDSはアジア物流事業の拡大を目指し、タイとベトナムで合弁会社を設立、中国でも設立に合意した。ベトナムが4つ目の合弁会社設立となる。


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

韓国人感染者と接触した22人、自宅隔離指示(15:59)

大韓航空の客室乗務員、新型肺炎に感染(16:07)

19年の台湾人出境3%増、日本行きが首位(12:52)

19年の訪台旅行者、過去最多の1186万人(12:50)

日本人学校、感染地から入国後14日登校禁止(13:36)

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(02/26)

テイクオフ:バラックの店が並ぶ伝統…(02/26)

中韓襲う肺炎、投資でも壁に サムスンのスマホ供給に懸念の声(02/26)

新型肺炎が海運業界にも打撃 市況悪化、コンテナ取扱量5割減(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン