• 印刷する

MRT4駅でネーミングライツ契約、イオンも

マレーシア首都圏で17日に全線開通するMRT(大量高速交通システム)1号線(スランゴール州スンガイブロー~カジャン、SBKライン)のうち、4駅で企業とネーミングライツ(命名権)契約が結ばれた。事業主体のMRTコープが11日に発表した。

対象となるのは、◇プサット・バンダルダマンサラ駅(パビリオン・ダマンサラハイツ・ダウンタウン・ダマンサラ駅)◇スマンタン駅(マニュライフ―スマンタン駅)◇ブキビンタン駅(パビリオン・クアラルンプール―ブキビンタン駅)◇マルリ駅(イオン―マルリ駅)――。

MRTコープの担当者は、「MRT駅との連携で、社名やブランドの知名度向上が期待できる」と述べた。

契約企業は今年初めに入札を通じて決定された。契約期間は3~10年となっている。最低権利料は最低3年の契約で年間150万リンギ(約3,960万円)または最低5年の契約で同120万リンギとなる。権利料はMRTコープの非運賃収入として計上される。今後、他の駅についても入札を実施する。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

航空関連の苦情件数、上半期は5.6%減(09/20)

OSKベンチャーズ、貸金業の免許取得(09/20)

中小企業、コンプラが重荷に 最低賃金で年6200リンギ負担(09/20)

いすゞ、新型エンジン搭載のピックアップ投入(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

エアアジアCEO、同社など以外の取締役辞任(09/20)

ヘイズ責任企業、国外でも罰則適用方針(09/20)

RM1=25.8円、$1=4.19RM(19日)(09/20)

30億リンギの景気対策か、来年度予算案で(09/20)

再エネ業界、向こう数年で160億リンギ調達も(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン