• 印刷する

MRT4駅でネーミングライツ契約、イオンも

マレーシア首都圏で17日に全線開通するMRT(大量高速交通システム)1号線(スランゴール州スンガイブロー~カジャン、SBKライン)のうち、4駅で企業とネーミングライツ(命名権)契約が結ばれた。事業主体のMRTコープが11日に発表した。

対象となるのは、◇プサット・バンダルダマンサラ駅(パビリオン・ダマンサラハイツ・ダウンタウン・ダマンサラ駅)◇スマンタン駅(マニュライフ―スマンタン駅)◇ブキビンタン駅(パビリオン・クアラルンプール―ブキビンタン駅)◇マルリ駅(イオン―マルリ駅)――。

MRTコープの担当者は、「MRT駅との連携で、社名やブランドの知名度向上が期待できる」と述べた。

契約企業は今年初めに入札を通じて決定された。契約期間は3~10年となっている。最低権利料は最低3年の契約で年間150万リンギ(約3,960万円)または最低5年の契約で同120万リンギとなる。権利料はMRTコープの非運賃収入として計上される。今後、他の駅についても入札を実施する。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

新車販売に売上税減免効果 首位プロドゥア、6月は前月3倍(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

RM1=25.1円、$1=4.29RM(2日)(07/03)

MM2Hの新規申請、6月末から9割超却下(07/03)

外資の工業用地所有権、ヌ州が条件付き許可(07/03)

建設ガムダ、ペナン交通整備計画で州と契約(07/03)

失業者雇用する企業への優遇、申請受付開始(07/03)

6月の製造業PMIは51.0、V字回復の兆し(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン