イオンモールが総合娯楽施設 カンボジア初、「滞在型」で攻勢

イオンモールがカンボジアでさらなる攻勢をかける。首都プノンペン北部に建設中の2号店は現在までに全体の約4割が完成、予定通り2018年夏に開業する予定だ。年約1,730万人が来店するまでに成長した1号店の運営ノウハウを詰め込み、同国初となる「滞在型」の総合娯楽施設として展…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 金融・保険商業・サービス建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

外資主導で鉱物開発加速 日本も参画、未開拓地域多く(01/22)

旧最大野党の党首、「救国運動」に参加せず(01/22)

プロキャスト、介護士育成大を4月開校(01/22)

17年の天然ゴム輸出30%増、価格も上昇(01/22)

不動産サイト大手、225万豪ドルの出資獲得(01/22)

安徽省系企業、シアヌークビルで複合開発(01/22)

パプア金融企業、東南ア初の事業始動(01/22)

工科大生、クメール語学習アプリを開発(01/22)

中国DAE、農業調査センターを建設へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン