イオンモールが総合娯楽施設 カンボジア初、「滞在型」で攻勢

イオンモールがカンボジアでさらなる攻勢をかける。首都プノンペン北部に建設中の2号店は現在までに全体の約4割が完成、予定通り2018年夏に開業する予定だ。年約1,730万人が来店するまでに成長した1号店の運営ノウハウを詰め込み、同国初となる「滞在型」の総合娯楽施設として展…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 金融・保険商業・サービス建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

首都中心部の川沿い開発へ、土地リースも(18:25)

最低賃金、5月から110万キープに引き上げ(04/24)

ストゥンハブに重工業団地 中国企業、南部で影響力拡大(04/24)

イオン、アセアンに8百億円 モールなどに投資=18年度計画(04/24)

会社登記申請件、1~3月は2.6倍(04/24)

アジア横断鉄道の区間整備、中国が融資へ(04/24)

ロン島で5つ星ホテル開業、4千万ドル投資(04/24)

17~18年期コメ生産4%増、中国需要けん引(04/24)

ネット融資業者に注意を、中銀が呼び掛け(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン