イオンモールが総合娯楽施設 カンボジア初、「滞在型」で攻勢

イオンモールがカンボジアでさらなる攻勢をかける。首都プノンペン北部に建設中の2号店は現在までに全体の約4割が完成、予定通り2018年夏に開業する予定だ。年約1,730万人が来店するまでに成長した1号店の運営ノウハウを詰め込み、同国初となる「滞在型」の総合娯楽施設として展…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

映画館レジェンド、19年に3カ所開業(12/10)

ネット利用者1250万人に拡大、通信当局(12/10)

不動産協会、加盟企業が100社突破(12/10)

IP電話詐欺、中国人230人超を強制送還(12/10)

恐竜テーマパーク、19年に開業(12/10)

殺人未遂疑いで39歳男逮捕、カンボジア人軽傷(12/10)

縫製工場の透明性改善 法令順守44%に、医療など課題(12/07)

仏トタル系、太陽光発電事業で新会社登記(12/07)

プノンペン商銀、支店内のカフェ設置を拡大(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン