通関手続き電子化、7月に試験導入

フィリピンの財務省は、通関手続きの書類を電子化する「トレードネット・システム」を、7月に試験導入する。電子化によって、現在数カ月かかっている手続きが、電子化によって最終的には3日に短縮する見込みだ。19日付インクワイラーなどが伝えた。

ベルトラン財務次官によると、輸入許可証などを発行する10カ所の経済区と66の政府機関にトレードネットを導入する。7月からの試験運用を経て、9月に本格導入、12月には東南アジア諸国連合(ASEAN)域内の通関手続きの一本化を目指す「ASEANシングル・ウインドー(ASW)」と連結させる考えだ。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計IT・通信政治

その他記事

すべての文頭を開く

税制改革第2弾の前に第1弾見直しを、下院(16:02)

クラーク空港運営、日系含む数社が応札検討(18:13)

シティコア、太陽光発電所5カ所を買収(16:02)

テイクオフ:結構雑な感じで鉄筋を束…(05/22)

円借款の鉄道建設2件を入札 土木工事など、来月1日に説明会(05/22)

古河電工、100億円で車用組み電線工場増強(05/22)

配車グラブ、来月までに料理宅配事業を開始(05/22)

エアアジア、年内に現法をPSE上場へ(05/22)

新ジプニー初乗り運賃、2ペソ引き上げ申請(05/22)

VWが中国製5モデル投入、欧州から切替え(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン