テイクオフ:映画の名門大学、北京電…

映画の名門大学、北京電影学院で大学院生として、中国残留婦人のドキュメンタリー映画(「戦後遺華日本女性考」前後編2部作)を製作する女優、小林千恵さんを訪ねた。小林さんは同大学の王乃真教授と二人三脚で、映画作りに取り組んでいる。

小林さんによると、戦後の混乱で置き去りとなった日本人の中で、終戦の年に13歳以上だった女性を残留婦人と呼ぶ。今も健在である残留婦人は25人程度。小林さんと王教授は8人の元を訪ね、フィルムに収めた。

小林さんは「私と同じ日本人女性の、私が生きる恵まれた時代とは全く異なる70年があった。中国で家族を作り、何とか幸せに生きてきた彼女たちの姿に、『女性の強さ』を痛感した」と語り、王教授は「彼女たちの姿を見れば、中国と日本は憎み合うべきではないと理解してもらえるはず」と思いを込める。作品は10月に完成予定。上映が待ち遠しい。(天)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

再調査もAD措置継続へ、米産などのパルプ(04/20)

山東省のGDP、1~3月は6.7%成長(04/20)

化粧品ODMが急成長、生産能力を増強(04/20)

華為、スマホ「P20」台湾投入 21日にはブランド店、年内6店へ(04/20)

アリババ、EEC投資本格化 EC・物流整備で中向け輸出拡大(04/20)

現代自が中国で新車2種投入 復活の鍵握るSUV(04/20)

テイクオフ:富士フイルムが白黒フィ…(04/20)

スズキと中国社が新モデル IIMS開幕、販売見通しは慎重(04/20)

屯門で工業ビルの賃料上昇 大橋効果、物流企業の進出相次ぐ(04/20)

大気汚染対策市場、20兆元へ 2030年予測、設備更新や新エネ車(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン