テイクオフ:映画の名門大学、北京電…

映画の名門大学、北京電影学院で大学院生として、中国残留婦人のドキュメンタリー映画(「戦後遺華日本女性考」前後編2部作)を製作する女優、小林千恵さんを訪ねた。小林さんは同大学の王乃真教授と二人三脚で、映画作りに取り組んでいる。

小林さんによると、戦後の混乱で置き去りとなった日本人の中で、終戦の年に13歳以上だった女性を残留婦人と呼ぶ。今も健在である残留婦人は25人程度。小林さんと王教授は8人の元を訪ね、フィルムに収めた。

小林さんは「私と同じ日本人女性の、私が生きる恵まれた時代とは全く異なる70年があった。中国で家族を作り、何とか幸せに生きてきた彼女たちの姿に、『女性の強さ』を痛感した」と語り、王教授は「彼女たちの姿を見れば、中国と日本は憎み合うべきではないと理解してもらえるはず」と思いを込める。作品は10月に完成予定。上映が待ち遠しい。(天)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

SKイノ、南シナ海で初の原油探査成功(17:29)

バンドン高速鉄道、総事業費61億ドルに(17:23)

旧正月の本土客は53万人 2年連続増加、地場小売りも好調(02/21)

レパダウン銅山、住民が操業中止求めるデモ(02/21)

1月輸出額22%増、半導体や石油製品が好調(02/21)

【アジア労務データ集】失業率・就業者数(152)(02/21)

オープンライス、飲食店向けサービス強化(02/21)

タイヤ原料不足、業界団体が輸入拡大要求(02/21)

蘇寧の香港店が販売商品多角化、粉ミルクも(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン