テイクオフ:映画の名門大学、北京電…

映画の名門大学、北京電影学院で大学院生として、中国残留婦人のドキュメンタリー映画(「戦後遺華日本女性考」前後編2部作)を製作する女優、小林千恵さんを訪ねた。小林さんは同大学の王乃真教授と二人三脚で、映画作りに取り組んでいる。

小林さんによると、戦後の混乱で置き去りとなった日本人の中で、終戦の年に13歳以上だった女性を残留婦人と呼ぶ。今も健在である残留婦人は25人程度。小林さんと王教授は8人の元を訪ね、フィルムに収めた。

小林さんは「私と同じ日本人女性の、私が生きる恵まれた時代とは全く異なる70年があった。中国で家族を作り、何とか幸せに生きてきた彼女たちの姿に、『女性の強さ』を痛感した」と語り、王教授は「彼女たちの姿を見れば、中国と日本は憎み合うべきではないと理解してもらえるはず」と思いを込める。作品は10月に完成予定。上映が待ち遠しい。(天)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国で2,800店を展…(12/13)

【SET企業の戦略】水産の巨人TU、中国に挑戦 アリババと組んで販路を構築(12/13)

海南、30年に旅客1.5億人誘致 世界水準の観光アイランドへ(12/13)

豪訪問者、初の798万人超に 支出額412億$で過去最高記録(12/13)

敦泰、ディスプレー埋込式指紋認証を19年量産(12/13)

韓国大統領の訪中、経済使節団は過去最大に(12/13)

辺境モールの入居伸び悩み、春節前開業へ(12/13)

業界統一の決済アプリ、銀聯と銀行が発表(12/13)

ASUS、重慶に中国第2営業本部開設へ(12/13)

中国銀行、11月末時点の貸出額20億ドル(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン